ポムのプロポリス比較

メインイメージメインイメージ

飲みやすさで比べる

プロポリスは薬ではなく、健康食品です。
そのため、一日だけ飲んでも変化が起こるということはありません。
身体に良い影響を期待するには、毎日飲み続けるということが非常に重要になります。

続ければ続けるほど、プロポリスの本領が発揮できると言えるでしょう。
だからこそ、続けることを主眼においてサプリを選ぶのも非常に有用性の高い選択肢です。

具体的に、続けやすい条件と言えば「飲みやすさ」です。
もちろん価格などの要素が大事になることがありますが、ここでは飲みやすさに一番の焦点を置いて話を進めていきます。

絶対覚えておきたいこと!

飲みやすさを考慮するのであれば、絶対に念頭に置きたいポイントがあります。
それが原液・抽出液等の製品は選ばないこと。

原液・抽出液がボトルに詰まっている製品がドラッグストアなどに置いてあるのを、見たことがある方も少なくないと思いますが、実は、続けるには無理があるという程のお味です。
詳しく言えば、プロポリスの風味を直接的に味わうことになるのがデメリットです。

そもそもプロポリスは非常に苦味が強く、刺激の強い味わいの食品。
それをそのまま口に入れるのは、正直、どんな罰ゲームよりも辛いものがあります。

喉に刺激を感じて、その後の数時間はずっと後味が残ってしまうような感じ。
匂いもキツイので人と話すのもためらわれます。
興味半分で試してみるのは良いかも知れませんが、健康と美容のために続けることを重要視するのであれば、原液や抽出液はやめてカプセルに入ったサプリタイプを選びましょう。

飲みやすいサプリ

もちろんカプセル製品の中でも、飲みやすい・飲みにくいという幅があります。
せっかく購入するのであれば、飲みやすいものを選びたいですよね。

胃ではなく腸内で溶けるサプリ

飲みやすいサプリタイプの製品として挙げられるのが《山田養蜂場プロポリス300》です。
このサプリは胃ではなく腸内で溶けるので、飲んだ後も爽やか。
胃から匂いが…という難点を克服しているんです。

また、サプリの粒自体も小さめサイズ!
女性や年配の方から飲みやすいと好評です。

サプリの粒が小さいのは大切

サプリサイズが小さいと、水やぬるま湯で飲むときも喉につっかえる感じがしません。
逆に大きいと喉につっかかった感じがして気持ち悪く感じる方も多い様です。
絶対条件ではありませんが、サイズが小さい製品を選ぶのがおすすめです。

良い原材料なら匂いも少ない!

原材料となるプロポリスの質が良いと、独特のクセや匂いも比較的控えめだと言われています。
また、品質管理が徹底されていて、鮮度が十分に確保されている原材料は劣化や酸化が少ないのでエグさがありません。
良い原材料を使っている・・・ということは有用成分がしっかりと含まれているための条件だけでなく、飲みやすい製品としての条件でもあるのです。

実際に試してみるのがおすすめ

「プロポリス特有の味・匂い・・・なんて本当にあるの?」
「大げさに言うけど、我慢できるのでは?」
初めてプロポリスを使うということであれば、そんな風に考える方もいらっしゃるかも知れません。
そんな方はぜひ、製品を実際に使ってみることをおすすめします。

例えば、お試しセットが1080円で購入できる《山田養蜂場プロポリス300》はかなりクセ・匂いが少ない製品。
それと《赤水晶》などの、カプセルタイプとして比較的匂いレベルが平均的な製品を飲み比べてみてください。
カプセルタイプでも、何となく私の言っている意味が分かるはずです!

ちなみに、私も原液を買ったことがありますが、一・二回飲んだだけで《もうムリ!!》となってお蔵入りしてしまいました。
それくらい強烈です。
また、液体の場合は劣化が早いので品質維持が難しいのも難点ですね。