ポムのプロポリス比較

メインイメージメインイメージ

更年期と上手に付き合う

更年期になると、心身の不調に悩む人が増えてきます。
ただし、その症状には個人差が大きいのも事実。
不調になりがちな更年期を少しでも快適に健康的に過ごせるように症状にあわせてセルフケアを行うのが大切です。

しかし、実は症状を問わずに身体を全体的にケアできる方法があります。
それがプロポリスのサプリメントを摂取するというものです。

一般的に更年期は45~55歳の間と言われています。
この時期は心と身体の変わり目で生理が終わり閉経を迎える50歳前後で卵巣の機能が低下して女性ホルモンの分泌量が減っていきます。
そうしたホルモンの変動で身体が負担を感じて、心身に悪影響を与えるのが更年期の不定愁訴です。

そこで必要なのが身体に栄養と潤い、エネルギーを補給すること。
それが滞る時期でもあるので、しっかりと対策を講じましょう。

プロポリスにはさまざまな栄養素が含まれていますから、心身に潤いを与えてくれるでしょう。

更年期はすべての女性に訪れるものですから、あなたが何歳であってもしっかりと向き合い、改善・予防を講じることが大切です。

しかし、先ほども記載したとおり、更年期の体調は個人差が大きいという特徴があります。
症状の出方には個人差があり、簡単に乗り越えることができる人もいれば、生活に支障が出るほど辛いケースも。
症状にあわせて、規則正しい生活を送り、身体のリズムを整えたり、ストレス対策を考えるようにしましょう。
食事内容を見直す工夫も大切です。

そもそも、症状の違いの原因として考えられるのはストレスや生活環境です。
更年期の女性は、子供の育児や独立をはじめ、親の世話やパートナー(夫婦)関係の変化、仕事のプレッシャーなどで心の負担が大きくなる時期とも考えられます。
また、それまでに蓄積された生活習慣の乱れで疲労が噴出してしまう場合も!
こうした心身のストレスが更年期の症状を大きくしてしまうこともあります。
何か思い当たることがあれば、プロポリスで免疫力を高めることを考えてみましょう。

更年期に入ったら、今までの生活を見直して、心と身体のバランスを整えることを意識しましょう。
いらいらやのぼせ、火照り、鬱々とした気分などが挙げられますが、これらに対してはヨガやストレッチなどのゆったりとした運動がおすすめです。

食べ物は身体の熱を冷ます緑茶や苦味のある飲み物を選びましょう。
プロポリスと一緒に摂取すると良いでしょう。
ただし、プロポリスを飲んだ三十分後ぐらいにお茶を飲むという取り組み方がおすすめ。

一緒に飲むと、お茶に含まれるタンニンがプロポリスに含まれる成分を壊す可能性があるからです。
サプリを飲むのは水・ぬるま湯にしましょう。